ダイエットだけじゃない!日頃の悩みを改善する入浴の仕方

ダイエットだけじゃない!日頃の悩みを改善する入浴の仕方

普段何気なく入浴をされている方は、お湯の温度や入浴時間、湯量について少し考えてみませんか?これらを少し工夫するだけで、日頃悩みがちとなっているカラダのトラブルを改善させやすくなります。

どうせ入浴をするのであれば、こちらで目的に合わせた入浴方法をおさえ実践してみましょう。

入浴をすると体温が上がることから代謝が良くなり、ダイエット効果がアップすると言われていますが、ダイエットの他にも日頃抱えるカラダのトラブルを改善する効果があると言われています。

冷え性改善

手先・足先が冷えて眠れない。冷え性の人にとっては、冬の夜はとても辛いものでしょう。ですが入浴の仕方次第では、冷え性を改善させることができる。冷え性の人に見られがちな特徴は手先・足先といった末端の血管が細くなりがちなこと。血管が細いとカラダの隅々まで血液が循環しないため、呼吸から取り入れた酸素、さらに食事などから摂る栄養素を届けることができません。

また、血液循環が悪くなることから、体内から老廃物が排泄されにくく、新陳代謝の働きも鈍くなるといえる。冷え性を改善するための入浴方法は、とくに下半身へ水圧がかかる全身浴がおすすめです。

38℃程度のぬるま湯で20〜30分くらい浸かると効果的と言われることが多く、実践されている方が多いですが、より血管の収縮を促すことを考えると、42℃程度のお湯に5分程度浸かり、浴槽から出て5分くらい休む。そしてまた浸かるを何回か繰り返し終了。

浴槽に浸かっているときに、肘の内側にあるツボを優しく押したり、軽く腕を捻ったりすることで、血流が整い、より冷え性が改善にむかいます。入浴の際にはぜひ実践してみてくださいね。

不眠症の改善

寝たいと思っても、なかなか寝れない原因のひとつとして、自律神経のバランスが乱れていることが考えられます。良質の睡眠をとるためには、交感神経ではなく副交感神経を優位に働かせ、心もカラダもリラックスした状態になることが重要となる。

副交感神経を優位に働かせるためのコツは、自身の体温に近い温度(37℃前後)お湯に、30分程度浸かる方法がおすすめ。お湯に浸かりながら、首まわりのツボを優しく押したりマッサージをすると、より効果が得られます。

また、交感神経を活発にさせないために、カラダを洗うときはタオルなどで力強く皮膚を擦ったりして刺激を与えないようにしましょう。

肩こりの改善

肩がどのような役割を果たしているかを考えてみましょう。まず重たい頭を支え、さらに重たい腕を2本もぶら下げています。とくにデスクワークなど長時間同じ姿勢でいる場合、血液循環に滞りができやすくなるため、疲労が溜まりやすく凝ってしまう。肩まわりがこってしまうと、硬直する筋肉が毛細血管を圧迫し、血管内に疲労物質を溜め込む。

そしてさらに凝りがひどくなり、痛みや重さを感じるようになる。このようにして肩こりが慢性化されると、頭が痛くなる、目の奥が痛いと他にも悪い症状が出てくることが考えられます。肩こりの改善をするためにおすすめと言える方法は、40℃程度のお湯に肩まで5分程度浸かること。

たったこれだけで肩の緊張がほぐれていきます。お湯の中で両肩を開いて閉じてを繰り返しする動作をゆっくり行うとさらに効果的です。

朝の眠気を覚ます

起床後、眠気がスッキリしないという方は多くいるでしょう。しっかりと目を覚ましたいのであれば、ササっとシャワーを浴びた後、ぬるま湯に1分程度浸かることがおすすめです。そして湯船から出たら両足首に冷水をかけてください。

ポイントはぬるま湯です。脳とカラダが目覚めていない状態で熱いお湯を浴びてしまうと、負担が大きいためにかえって眠くなってしまいます。起床後に眠気をスッキリさせるために入浴をするのであれば、ぬるま湯で短い時間と頭に入れておきましょう。

まとめ

冷え性や肩こり、不眠症の改善など、目的に合わせた入浴方法について紹介をしてきました。たかが入浴で改善される?と思われる方もなかにもいるかもしれないですが、入浴の仕方ひとつで、カラダにとって良い影響を与えます。入浴をされる際には、目的に合わせて今回紹介をした内容をぜひ実践してみてください。

TOP