パーソナルトレーニングジム比較TOPコラム > 基礎知識パーソナルジムでトレーナーを選ぶときに見るべき5つのポイント

パーソナルジムでトレーナーを選ぶときに見るべき5つのポイント

パーソナルジムでトレーナーを選ぶときに見るべきポイント

数あるパーソナルジムの中からパートナーとなるトレーナーを選ぶ際、あなたはどのような部分から判断をして、トレーナーを選びますか?「高いお金を出してジムに通うのだから、レベルの高いトレーナーについてもらいたい」「ついたトレーナーが最悪でお金が無駄になるのは嫌だ」きっとこのように思われる方は少なくないはずです。

今回は、パーソナルジムでトレーナーを選ぶときに見ておくべき5つのポイントを紹介します。無料カウンセリングや体験へ行かれる際に、ここでの内容を活用することができますよ。

1. トレーナーのカラダをよく見る

トレーナーのカラダを見るのは、選ぶ時の参考となります。口では「このトレーニングをすれば痩せます」「○○をしてみましょう」と指導をしてもらったとしても、そのトレーナーの体形を見るとおなかや脚にぜい肉がついて立ち姿もなんだか格好悪い。

説得力がなく、疑ってしまいますし、自分が頑張ろうという気持ちになれませんよね?自分が理想とする体形かどうかをよく見ておきましょう。

トレーナーのカラダはジムの指標でもある!

トレーナーのカラダ=そのパーソナルジムの指標であるといっても過言ではありません。通われる方のカラダを預かり、トレーニングを指導する立場であるトレーナー。カラダを見るとおなかにぜい肉がついている。自分より細くて頼りない見た目…。このような姿のトレーナーさんと目標達成にむけてトレーニングを継続して行うモチベーションは沸きませんよね。

カウンセリングに行った際には、トレーナーさんの腕や胸板、太ももやお尻の筋肉の付き方など、くまなく確認をして説得力があり自分のカラダをお任せできそうかどうかを確認しておきましょう。

積極的に質問を投げかける

無料カウンセリング時や、体験レッスンの場でトレーナーと話ができるので、その際に「どういうふうに鍛えたか」「リバウンドしない為にはどうする」などの質問を積極的に投げかけてみましょう。またトレーナーの体を見て判断するのと同じように、質問に対する返答内容によってもトレーナーの良しあしを見分ける材料となります。

2. 自分が求めている専門性を備えているかをチェック

人によってはパーソナルトレーニングへ通う目的が異なることでしょう。比較的にダイエット目的で利用される方が多い印象ですが、実際には「リハビリ」や「運動能力の底上げ」としてパーソナルジムへ通われる方も多くいます。

そして、パーソナルトレーナーにも得意な専門分野があります。そのため、自分がどのような目的でジムへ通うかの目的を明確にすることが大切です。例を出すと、自分が大幅な減量を目的としてジムへ通う際、リハビリを得意とするトレーナーより、これまで何人も減量に成功させてきたトレーナーを選ぶ方がきっと効率はいいですよね?

体験や無料カウンセリングでトレーナーと話をするときには、どのような知識を備えているかを質問することで引き出しましょう。

3. トレーナーの指導方法が自分に合っているかどうか

女性トレーナーがダイエット指導をしている

人の顔や考え方が一人一人違うように、体質も100人いれば100人違いがあります。太りやすい体質の人がいれば、夜中にどれだけ食べても太らないといった人がいるのです。このようなことから、カウンセリングに行かれた際、「みんな○○を実践して痩せました」「私も○○で結果を出しました」とトレーナーが自身の経験に沿った話しかしないようであれば少し注意が必要です。

先ほどもお伝えしたように、個々で設定する目標や体質が違えば当然トレーニング内容も違ってくるはずです。みんなが痩せた○○を実践すれば、実践された方の体形に近づくことはできるかもしれません。ですが、パーソナルジムへ高いお金を払って通う理由は、他の誰かの体形に近づけることではなく、自身が理想とする体形を目指すためではないでしょうか?

「○○の方法が良い」とすすめられたときには、どうして良いのかを質問してみましょう。科学的な根拠に基づいて、カラダと運動との関係性を理論的に説明をしてくれるトレーナーは信頼できるといえます。根性論や、これまでの事例などから解説される方は、マニュアル化されている可能性が高いです。

4. 資格を保有しているかどうか

ここまでの説明でもお伝えしてきたように、みなさまのカラダを預かり、目標を達成するためのトレーニングをサポートする以上、高い専門知識や・確実な指導力がトレーナーに必須です。

パーソナルトレーナーに関連する資格は国家資格ではないため、資格の有無でトレーナーを判断すべきではないかもしれませんが、トレーニング業界でトレーナーをされている多くの方は、フィットネス業界と関連する資格を保有しています。

このようなことから、より質の高いトレーナーを選ぶための基準として、資格の有無を参考材料のひとつとしておきましょう。

5. 勧誘をしつこくしてこないかどうか

体験レッスンや無料カウンセリングへ行った際、トレーナーの対応を意識しておきましょう。入会の促進や追加でサプリメント販売を強く勧めてくるところは、お世辞でもあまり良いとは言えません。

ときに、プロテインやサプリメントを取った方が効率よく筋肉をつけることができる場合はありますが、優秀なジム・トレーナーはこれらに頼らなくてもしっかり結果を出すことができます。数多く存在しているパーソナルジムのなかには、プロテインやサプリメントを高額で販売しているところもあるので、注意をしてください。

良いジム、良いトレーナーがいるところには、入会勧誘をしなくても人は集まりますし、サプリメントに頼らなくてもしっかりと結果を出させてくれます。判断材料のひとつとして、おさえておきましょう。

おわりに

以上が、パーソナルトレーナーを選ぶときに確認しておきたい5つのポイントでした。

  • ■トレーナーの体格
  • ■専門性をもっているかどうか
  • ■指導内容や方針が自分と合いそうかどうか
  • ■フィットネス業界に関する資格を保有しているかどうか
  • ■入会やサプリメントの勧誘がしつこくないかどうか

トレーナーとの相性も個々で違いが出てくるものですが、今回紹介をした5つのポイントを参考に、うまく自分に合うトレーナーを見極めていきましょう。

多くのパーソナルジムが無料カウンセリングなどを行っていますので、実際に足を運び、積極的にトレーナーと会って話をしてみるのがおすすめ。体験するジムも1つだけでなくいくつか比べてみるとその違いがよく見えてきますよ。

>>パーソナルジムのおすすめランキングはこちら

TOP