アフターケアが大事!ダイエット成功後に行うべき4つの極意

アフターケアが大事!ダイエット成功後に行うべき4つの極意

ダイエット成功おめでとうございます。目標体重をみごとクリアされたあなたは、今すっかり日々の食生活を自在にコントロールできていることでしょう。

しかし本当の勝負はここから。油断は禁物です。ダイエットで目標を達成した途端、モチベーションが失われまた元の体型に逆戻りをしてしまう人は少なくありません。とくに短期間で目標をクリアした場合、本気になればいつでも痩せられると妙に自信を持ってしまいがち

ここでは、ダイエット成功後の姿をキープするための、アフターケアについて紹介します。これからダイエットに挑戦される方・すでに成功された方はこちらで極意をおさえておきましょう。

極意1. 成功後、体重を測り続けよう

ダイエット最中は、少数単位レベルで体重・体脂肪を測っていたかと思います。500gの増減に一喜一憂していた初々しさはダイエット成功後もありますか?体重計測の習慣は3日に1回、1週間に1回、1ヶ月に1回とダラダラしがちになるもの。

手に入れた理想の体型をキープするためにも、体重はこれまでと同じように測り続けるようにしましょう。1キロでも増えれば、「食生活は乱れがちじゃないかな?「最近運動をしていない」と気づき、改善のために動くことができます。

極意2. 次の目標をすぐに立てよう

がむしゃらにダイエットに取り組み、成功をすると燃え尽きシンドロームへと陥りやすいもの。目標数値を達成した瞬間から次の目標をたてるようにしましょう。本来ダイエットをしようと思ったきっかけは何ですか?理想の姿を手に入れた後にやりたいと思っていたことは何になりますか?すぐさまその目的にむかって動き出しましょう。

ダイエット成功後、頑張ったから少しだけ休もうと甘えた気持ちに浸ってしまうと、そのままズルズルと元の体型に引き戻される可能性大です。

極意3. 普段会わない人と会う機会をつくる

「なんか最近痩せました?」「まるで別人ですね」「格好いい、最高」このような賞賛の声を浴びせてくれる知人・友人・同僚たち。このような感想は言ってみると、ダイエットのスタミナドリンク。日に日に変わっていく自分の目は錯覚ではなかった!と実感できる瞬間でもあるでしょう。

気をよくして目標達成した後も、これまで以上のウエイトトレーニング、せっせと食事制限を行い、より良い体型へと変化したにも関わらず、前ほど賞賛の声が聞かれなくなった。「自分の体型が目に馴染んだから?」「誰も褒めてくれないしつまらない、ダイエットをやめよう」とヤケにならないよう次の手を打ちましょう。

これまで自分が行ってきたダイエットの頑張り、プロセスを全く知らない人に約束を取り付け会ってみませんか?きっと太っていたあなたのイメージを持っていた人は格好良くなったあなたの姿を見て、賞賛の声をかけてくれるでしょう。普段あまり会わない人と積極的に連絡を取り会う機会をつくりましょう。

極意4. 「 快い」状態をリスト化しておく

ダイエットに成功をすると「やったぞ!」「体が軽くなったこともあり、意欲が前のようにわいてきた」これでもう仕事後の飲み会も怖くない。「だってしっかり調整できる自分がここにいるから」と自信に満ち溢れていたのはひと月前のこと。

週に1度であった飲み会が週に2回、3回と増えただ飲み会で飲み食いし続ける日々。こうなってしまうと、ダイエットにかける時間もやる気も削られていきます。そんな悲惨なことになる前に、目標を達成したら下記のようなことをやってみてほしい。

理想の体重・体型になって快いと感じたことを思い浮かぶだけ紙に書き出す

たとえば、
  • ・ジーンズ・パンツ・スラックスのサイズが数年前に戻った
  • ・自信をもって人前で水着になれる
など、自分が「快」と感じられることを紙に書くことでリスト化していきましょう。紙にアウトプットしたことを視覚フィルターを通して脳へ入れることで、以前のような締りのない体型になるのは嫌だと思うはずです。

まとめ

ダイエット成功後に行うこととして、4つの極意を紹介してきました。いかがでしたか?ダイエット活動を頑張り目標の体型を手にしたとしても、少しの気の緩みから元の体型に逆戻りといった悲惨な状態へと陥ってしまいます。

今回の内容を参考に、いつまでも素敵な姿を維持できるよう頑張りましょう。

TOP