代謝を上げる嘘と本当!基礎知って効果的にダイエット!

代謝を上げる嘘と本当!基礎知って効果的にダイエット!

これからダイエットにチャレンジしようと、「ダイエットに効果的」な情報を自分で収集するのはとても良いことです。しかしそれらの情報をこれからのダイエット活動に取り入れるには、正しい情報・間違った情報を収集する時には、しっかり見極める必要があります。

人は間違った情報であっても、多数の意見を正しいと思い込んでしまうので、今回は、ダイエットに関連する話でありがちな「これをすれば代謝があがる?」といったポイントに焦点を絞り、独自調べの見解をもとに紹介していきます。

サウナで汗をかくと代謝が上がるは「ホント」

約90℃の熱気浴であるサウナは体温を上げ、血管を開き血液の循環をよくするため一時的に代謝を上げます

さらにサウナで代謝の効果をより上げるのは、サウナ後に冷水シャワーを浴びるまたは水風呂に入ることで、冷たい水により冷感刺激を受け、体温を作る細胞が活性化される事により代謝を上げる効果を発揮します。

朝食で代謝が上がるのは「ホント」

朝は食べる時間がないからと、朝食を抜く人はとても多いです。しかし朝食を抜いていると代謝が落ちる可能性があるため、ダイエットを行う人は、特に気をつけておかないといけません。

寝ている間は、活動量が基礎代謝と比べ10%程度低下すると言われていますが、起床後に交感神経やホルモンなどの働きにより代謝を上げるサポートするのが朝食です。 空っぽになっている消化管に食べ物が入るだけで交感神経が活発に働き、体脂肪が燃焼しやすくなります。そのためパンとヨーグルトなど、簡単な食べ物だけでも口にして朝食を抜かないようにしましょう。

ランニングで代謝が上がるかは「微妙」

「ダイエットで痩せるためには、とにかく代謝が上がるランニング!」とひたすら走る人がいます。確かにランニングなどの有酸素運動には、筋肉で体脂肪を燃やすミトコンドリアが増え、脂肪を減らすのに必要不可欠な酸素などを運ぶ毛細血管が増える事は事実です。

しかしランニングをやりすぎた場合は、体がより少ないエネルギー量で動けるようにするために省エネモードに切り替わり、逆に代謝をダウンさせてしまう場合があります。そのためダイエットで代謝アップを狙うのであれば、心地よく走れ、ほどよく汗を流す程度で十分と言えます。

ストレッチをすれば代謝が上がるは「微妙」

一般的に、ストレッチを行うと代謝が上がると思われがちですが、ストレッチをするだけでは代謝に影響はないと言われています。

もちろん、ストレッチをする事で緊張して縮こまった筋肉を伸ばし、柔軟性を高め筋肉を緊張から解放する事で、凝りや痛みは軽減されます。しかし全身の血行が良くなるわけではなく、代謝には影響しないとも言われているのです。

ただし同じストレッチでもラジオ体操のように、反動をつけながら主要な筋肉と関節を動かすなどの動的ストレッチの場合は代謝が上がります。

サウナスーツを着込み走ると代謝が上がるは「ウソ」

サウナ後の水風呂は代謝を促進させる効果がありオススメできますが、サウナスーツを着込み走るのはオススメできません。なぜなら、筋肉で消費されるエネルギーのうち、実際に運動で使われているのは20〜30%であると言われています。残りは熱に変わり体温を上げます。

上がった体温を下げるために発汗が起こり、流した汗が外気にふれる際に熱を奪い体温を下げるのです。しかし、通気性に乏しいサウナスーツで全身を覆うと汗をかいても蒸発しづらく、体温も下がりにくいため疲労が蓄積されやすくなります。疲労がたまると運動機能が低下するため、結果として代謝も落ちるとされています。

水を2L飲むと代謝が上がるのは「ウソ」

ダイエットにチャレンジをしている方の会話の中で、特に多く言われているのが「水をたくさん飲むと代謝が上がり、痩せる」といった話があります。しかし、実際のところ水をたくさん飲んだからといって代謝が上がるわけではありません。

人は通常1日平均2〜3リットル程度の水分を失い、失った分の水分を補っています。そのうち飲み物からは一般的に1.5リットル程度を摂取していると言われ、水分補給が足りなくなると血液循環が悪くなり代謝は落ちます。

しかし、1.5リットル以上水分をとったからといって血液が増え代謝が良くなるわけではありません。余計な水分は尿として排出されるほか、むくみの原因ともなります。水を多く飲むと代謝が上がるといった間違った認識を変えましょう。

まとめ

ここまでで、ダイエット挑戦者の話題としてありがちな「代謝」にまつわる話について、独自の見解をもとに説明してきました。数ある情報だからこそ、しっかりと見極めることが大事です。今回の内容以外にも、ダイエットに効果的と言われている話は多くあるでしょう。すぐにその情報が正しいと思うのではなく、本当に情報が正しいかを自身で調べていきましょう。

TOP