腹筋を割りたい!いくら頑張っても結果が出ない五つ理由

腹筋を割りたい!いくら頑張っても結果が出ない5つ理由

体を鍛えている人、これからダイエットをして痩せようと考えられている人であれば、1度は「腹筋を割りたい」と憧れをもったことがあるのではないでしょうか?

腹筋は体の構造上、もともと6つに割れているため、「腹筋を割りたい」といった表現は少しおかしいかもしれません。しかし、ボディーメークを語るうえで「腹筋を割る」といったフレーズは切り離せないと言えるでしょう。

今回紹介するのは、腹筋を割りたいと思って頑張ってトレーニングをしているけど全く結果が出ない人の特徴についてです。特徴を知り自身の腹筋と照らし合わせてみてください。

「腹筋が割れない」理由ってなに?

「無駄な肉が付かず腹筋が割れている姿」は運動をしている人・ダイエットを目指す人が理想とする体系の1つでしょう。

しかし、割れた腹筋をつくるのは簡単ではありません。仮に現在トレーニングをしているにも関わらず全く腹筋が割れない、結果が見えないと感じる方は、今から下記で紹介する腹筋が割れない理由に該当している可能性があります。どうして割れた腹筋がつくれないのか、見ていきましょう。

1. 腹筋を覆う脂肪が多い

腹筋を割るのに大切なのは「脂肪が少ない」ことです。腹筋周りを覆う皮下脂肪が多すぎると、どれだけ腹筋運動をしても、重りを使って負荷をかけても、割れた腹筋は見えてきません。いかがですが?自身のおなかを確認してみましょう。

2. 腹筋運動が単調

腹筋は「胴の真ん中の固い部分」と多くの人は思いがちですが、筋肉の仕組みはもっと複雑です。腹壁(ふくへき)は腹直筋、内腹斜筋と外腹斜筋、内腹斜筋の下層にある腹横筋からなっています。これら筋肉がバランスよく鍛えられることにより、胴はしなやかで伸びがあり、くっきりしたものになるのです。

これらの理由により、腹筋は多方面・広範囲のトレーニングが必要となります。いくら腹筋の回数をこなしても割れてこないという人は、どのように腹筋を行っているかを見直しておきましょう。

3. 負荷を加えて腹筋をしていない

「腹筋を割るためにはとにかく回数を多くやるしかない」と間違った認識で、回数ばかりをこなす人が中にはいます。しかしこれは大きな間違いです。腹筋を割るためには、回数だけでなく負荷をかけて筋肉に刺激を与える必要があります。

これまで、自体重だけで腹筋を行っていた人は、自体重で行っていたときよりも回数を減らして、ダンベルやプレートをもって腹筋をするなど、負荷をかけて行うようにしてみましょう。

4 .「おなかだけ痩せる」といった意識がある

残念ながらおなかの脂肪は「最初に付き・最後に落ちる」もので、ダイエットをする上で知っておかなければいけないのが、体の一部分だけ脂肪を減らすことはできないという事です。腹筋が割れないと口にする人の多くは「腹筋のぜい肉を落としたい、割りたい」からといって腹筋しか行いません。

しかし脂肪はトレーニングを通じて体全体から落ちていくものです。「部分的に痩せられる」と間違った認識をしていないか、確認してみましょう。

5. 食事内容を急激に変える

体を鍛えている人・ダイエットを目指す人は食事制限をし、これまでの食事を大きく変える傾向にあります。もちろんこれまで多く摂り過ぎていたカロリーをおさえる、今までより脂のあるご飯を控えるといったことは大事です。

しかし、これまでしっかりご飯を食べていたものが、豆腐のみにするといった急激な食事の変化は体に悪く、代謝を落とします。代謝が落ちることで、脂肪燃焼しにくい体になってしまうため、食事内容を変える際は極端に変えないよう注意が必要です。

腹筋を割るためには、有酸素運動

腹筋を割るためには、「脂肪を減らす」「脂肪を燃焼させやすい体質」とするための、有酸素運動が効果的といえます。

有酸素運動で代謝が上がり脂肪が燃えやすくなれば、これまで行っていた腹筋運動もより効果的となり負荷をかけた腹筋と有酸素運動をバランスよく行い、結果が出ているかを確認してみましょう。

またカロリーや脂をおさえるために、極端な食事制限や、食事内容を大きく変えるといったことは、「体の代謝を落とす」など体にとってよくないため、やめましょう。今回の内容を参考にする事もおすすめですが、管理を徹底してくれるパーソナルジムの利用も理想のカラダを目指す近道となってくれるかもしれません。。

>>口コミでおすすめのパーソナルジム比較ランキングはこちら

TOP