パーソナルジムで導入されているプロテインの役割とその効果

パーソナルジムで導入されているプロテインの役割とその効果

1人1人にあった適切なトレーニング方法で、ダイエットや理想の体形を目指すサポートをしてくれるパーソナルジム。運営している会社は数多く、それぞれの会社によってサポートの違いは異なります。

今回注目したいのはパーソナルジムに導入されているプロテインについてです。最近では多くのパーソナルジムでプロテインが導入されるようになってきました。プロテインが果たす役割とはいったい何なのでしょうか?

ここではダイエット・スタイル作りをする上で非常に効果的なプロテインの役割や特徴について紹介します。

プロテインが果たす役割とは?

そもそもプロテインはどのような役割を果たしてくれるのでしょうか?プロテイン(protein)を訳すと「たんぱく質」という意味。筋肉を生成するためにはたんぱく質が必須となります。

トレーニングで破壊された筋繊維が太く成長する

ウエートトレーニングを行うと筋繊維が破壊され、筋疲労が起こります。筋疲労は筋肉痛でもあるわけですが、これは筋繊維がトレーニングによって破壊・分解されることで起こる自然な現象です。分解された筋繊維は時間をかけながら修復するわけですが、このときにしっかりとたんぱく質が取れているか取れていないかで、筋肉が付くかどうかが決まります。

筋肉(筋繊維)は分解と修復を繰り返しながら大きく強く成長するもの。ダイエットでは筋肉を付けながら基礎代謝を上げ、体脂肪を落としていくため、プロテインはトレーニング後の栄養補給に最適であると言えます。

プロテインを飲めば余計なカロリーをおさえられる

筋肉を修復させるために必要なたんぱく質を食事だけで取ろうと思うとかなり大変。1日に必要なたんぱく質の量は「体重×0.8」程度であると言われています。

例:体重60kg×0.8=48g

この数値がトレーニングをした場合は「体重×1.2~1.4」程度となるため、摂取しなければいけない数値は増えます。これだけのたんぱく質を食事からだけで摂取しようと思うと、多くの食事を取らなければいけませんよね。そうなると、余計なカロリー・糖質・脂質まで取ることになり、ぜい肉が付き始めます。

ですがプロテインには無駄なカロリーや脂質が含まれていないため、たんぱく質を狙って摂取することが可能となります。

ホエイプロテインとカゼインプロテインの効果とは

プロテインと言っても、原材料の違いなどからさまざまなプロテインの種類があります。プロテインを始めて飲む人がまず疑問に思うのが、ホエイプロテインとカゼインプロテインの違いについて。ホエイとガゼインにはどのような特徴があるのか、こちらで違いをおさえておきましょう。

「ホエイプロテイン」はたんぱく質の吸収スピードが速い

ホエイプロテインの1番の特徴は、たんぱく質の吸収が非常に早いところです。吸収スピードが速いため、トレーニングによる筋肉の分解や疲労を低減させ、素早く修復をしながら成長を図ります。特に激しいトレーニングや筋肉を大きくしたい・筋肉量を増やしたいという人におすすめ。

ただし体内への吸収がとても早いため、1度にたくさん取り過ぎると、たんぱく質(エネルギー)が余り、体脂肪へと変換されてしまうので注意が必要。トレーニング頻度や強度に合わせて飲むことをおすすめします。

カゼインプロテインはたんぱく質をゆっくり吸収

カゼインプロテインの特徴はたんぱく質をゆっくりと時間をかけながら吸収するところ。時間をかけて吸収するため満腹感が出やすく、間食やおやつ変わりに最適であると言えます。

ただし、運動直後は早く筋肉の修復をするのに、たんぱく質を取りたいため、激しい運動・トレーニング頻度が多い人には素早く吸収されるホエイプロテインの方が向いています。

まとめ

今回プロテインの役割、ホエイプロテインとガゼインプロテインの違いについて紹介してきました。パーソナルジムのメニューでプロテインは高いから必要ないと思われる方がいますが、よりトレーニングの効果を引き出すために、ジムが考えたプランの1つ。

また、パーソナルジムのなかでも、ライザップならプロテインの使い方だけでなく、それに対する運動方法・食事管理などもしてくれ、無料でのカウンセリングもあるので、一度相談してみるのもいいかもしれません。

>>筋トレ効率UP!ライザップ詳細ページはこちら

TOP