「ラクに痩せる」で超話題のLSDトレーニング効果を紹介!

「ラクに痩せる」で超話題のLSDトレーニング効果を紹介!

いまトレーニング雑誌やネットかいわいで、LSDトレーニングがかなり話題になっています。「LSDトレーニング」という言葉を聞いたことがありますか?このトレーニングはラクに続けることができ、ダイエット効果にかなり期待ができます。

ここではLSDトレーニングの効果を紹介します。気になる方は今すぐ確認をしてトレーニングに励んでみてはいかがでしょうか。

LSDトレーニングって何?

そもそもLSDトレーニングが何かをしっかりとおさえておきましょう。LSDトレーニングとは、「Long Slow Distance」トレーニングの略で、長い距離をゆっくり走ることを指します。一定のスローペースを保って長時間走ることで、カラダに負担をかけずラクに有酸素運動の能力をアップさせることを目的としています。

LSDトレーニングで期待できる効果とは?

楽しく会話ができるくらいのスピードで走るため、週末に友達同士で行っている人も増えているLSDトレーニング。下記でどのようなトレーニング効果を期待できるのかをみていきましょう。

同じ時間で、他のトレーニングと比べて効果が倍

LSDトレーニングでおさえておくべきことは、ただゆっくり走るというだけではなく、長時間走り続けることが何より重要。LSDでは他の運動と同じ時間で比べた場合、2倍程度の脂肪燃焼効果などが得られると言われています。ウォーキングを60分行うより、LSDを60分行う方が効果は倍。このような感じだ。

毛細血管・脂肪燃焼組織が増える

LSDトレーニングを行う人の主な目的は、効率的な脂肪燃焼や持久力向上のため。LSDトレーニングを行う人の期待通りの効果を得られるのが何より嬉しい。

ゆっくりの一定スピードで長時間走ることによって、筋肉の遅筋機能が強化され、新たな毛細血管が作り出され細胞内へ酸素が取り込まれることによって、脂肪燃焼を手助けするミトコンドリアの数を増やす

体内に毛細血管やミトコンドリアが増えることによって、肥満体型から遠ざかると考えて良いだろう。

食欲をおさえられる

同じ運動であったとしても、ウォーキングとLSDでは、LSDの方が体重減少・脂肪燃焼率は高くなる。

これは単純にLSDのほどよいスピード感がホルモン分泌量を増やすから。ホルモンが多く分泌されることで、脂肪燃焼を促すだけでなく食欲をおさえる効果も得られる。

LSDトレーニングでより効果を得ようと思うのであれば、最低でも60分以上は続けるようにしよう。

痛みや怪我のリスクが低くなる

「膝が痛い」「足首やふくらはぎに痛みが・・」など、とくに初心者ランナーが訴えがちなのは足の痛みについて。これらの痛みは、自分が思っている以上に速いペースで走って過度な負担が慣れないカラダにかかっているのが主な原因。

ウォーキングの延長に近いLSDトレーニングの場合、ランニングと違い一歩一歩の歩幅が狭く脚に負担がかかりにくくなる

脚に痛みが生じると「今日はお休みしておこう」となり、いつの間にかトレーニングから遠ざかってしまい、ダイエットという目的を達成しないまま終わってしまう。カラダへの負担が心配な方は、ぜひともLSDトレーニングを実践してみてください。

まとめ

今回はLSDトレーニングとはどのようなトレーニングか!また、LSDトレーニングで期待できる効果について紹介をしてきました。少しは興味が湧いてきましたでしょうか?カラダへの負担が少なく、ラクで高い効果を期待できるLSDトレーニングはかなりおすすめと言えます。

多くのランナーも取り入れているこのLSDトレーニンング、可能であれば週に3回は行い、効率的にダイエットを実現させちゃいましょう。しばらく続けることで、確かな効果を実感できるはずです。

TOP