3ヶ月確実にトレーニングを続けるためのお悩みQA

3ヶ月確実にトレーニングを続けるためのお悩みQA

筋トレを行い「ダイエットするぞ」と決めたあなた!理想の体重、理想の体型をもつことも大切ですが、まずは3ヶ月サボることなく確実にトレーニングを行うことが何より大切。ダイエットに挑戦するも失敗する人・諦めてしまう人の多くは決めた3ヶ月もトレーニングが続きません。ここでは、3ヶ月確実にトレーニングを続けるための極意をQA方式で紹介します

Q筋トレを始める前にやっておくべきことは?

Aトレーニングを行う目的を明確にする

運動が今まで1度も続いたことがない。そんな方がまず行うべきなのは「目標設定」である。プロアスリートを例にあげると、運動選手は毎日のように辛いトレーニングを行っていますが、これを続けられるのは目標が明確だからです。

ボディービルダーの場合は「次回のコンテストまでに、思い通りの肉体に仕上げたい」という願いを叶えるために、厳しいトレーニングに耐える。

もし目標が「次回のコンテストに出ればいいかな」と曖昧だとモチベーションが上がらない。ダイエットを目指すみなさんがこれからトレーニングを開始する前には、どうしてトレーニングを開始するのか、どのような姿を目指すのかを明確にすることが大切。

ただしハードルが高い目標設定は避ける

目的やゴールを明確にと前述で説明したが、すべての目標を必ず達成できるとは限らない。例えば体重80kgの人が1ヶ月で体重を10kg落とすなど、ハードルが高ければ高いほど、挫折する可能性も高くなる

例えば、ダイエットのゴールが今の体重より10kg落とすことであれば、まずは1ヶ月で2kg落とす。無理なく達成できる目標設定を行うことが大切。

Qトレーニングはどう始めるのが効果的?

Aトレーニングサイクルを作り一定期間でまわす

ステーキやハンバーグなど、好物も連日食べていると飽きてくる。トレーニングもこれと同じで、ずっと同じ種目、同じ負荷で行っていると精神的に怠くなる上に、筋肉も刺激に慣れてしまい成果が上がらなくなる。ここでそこでおすすめなのが、トレーニングサイクルを作り、一定期間でサイクルをまわすこと。

たとえば、ベンチプレスを2ヶ月行ったあとは、少しベンチの角度を変えてベンチプレスを行う。このように少し変化させることで、これまでのベンチプレスで刺激が伝わりづらかった上部胸筋を鍛えることができる。そして2週間たつと元のベンチプレスに戻す。

このようにトレーニングサイクルを作り、一定期間でまわすとリバウンドしにくいダイエットに効果的な肉体に変化する

Qトレーニングをさぼってしまったときはどうすれば?

A翌週に持ち越さずサボりを解消

最低でも週に2〜3回はダイエット成功のためにトレーニングを行うと心に誓っても、仕事やプライベートなど様々な理由で予定通りにスケジュールが進まないことがある。ここで大事となってくるのは、いかに同じ週のうちで帳尻合わせが行えるかどうか。

たとえば平日にやるべきエクササイズが行えなかったのであれば、翌週に持ち越すのではなく土日でトレーニングを行うようにしましょう。逆に週末にプライベートな予定など、忙しくて通えない見込みがあるのであれば、平日のうちに消化しておこう。

仮に帳尻合わせができずトレーニングを翌週に持ち越した場合、今後も何かに言い訳をつけてトレーニングを持ち越す癖がつく可能性があります。必ずトレーニングが習慣となるまでは、何が何でも決めたスケジュールをこなすという心構えが重要。

Q辛くてトレーニングをしたくないときどうすれば?

A負荷や回数を軽くしてトレーニングを行う

ラクで効果抜群のトレーニングがあれば世の中バラ色。しかし、努力や辛さなくダイエットの目標を達成させることは不可能に近い。「辛い」と思う負荷を自分にかけるからこそ、その褒美として筋肉が成長し結果として減量やスリム化としてダイエットが成功する。

トレーニングが辛くて続けることが嫌になるときも正直あるでしょう。そんなときは、たとえば今日は少し軽めの負荷で行う。1セットで行うトレーニングの回数を少なくするなどで調整。重要なのは、モチベーションが回復するまで継続を絶やさずうまく調整すること。

トレーニングが続かない人に共通する人の特徴は、「今日は辛いから休もう」と甘えてしまうところ。多くの場合は、1度甘えてしまい継続が途切れるとその時点でダイエットを諦めます。継続することが大事です。

まとめ

3ヶ月確実にトレーニングを続けるための極意を紹介してきました。参考となりましたでしょうか。トレーニングが習慣となるまでは、何がなんでも継続して行うという強い意志と・実行がダイエットを続け成功をさせるための鉄則と言えます。今回の内容を参考にダイエットにチャレンジし、理想の姿を手に入れましょう。

TOP